A.P.F.Blog

Angry Pop Factory Blog
http://angrypop.jugem.jp
Info
北毛カフェLive。出演者随時募集中。
[Manic☆Future vol.18]
日時:2013年5月6日(祝)
会場:JHK
開場:18:00〜
出演:studio pandarine*
   choose a kissers
   jullie fujiwo(guest)
   AYUMI(guest)
   and more...
DJ:takahashi eiichi,negishi kaori
料金:1,000yen

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

Into The Clouds / Sound Of Arrows

sound of arrows

書くのがダルいとか言っといて、またすぐに書いてる意味がよくわかりませんが、だって僕の好きな音楽みんなに知ってもらいたがりなの!っていうか、書いとこ、と思ったのがまだあったので書いときます。
ていうか、このブログ、書いてんのに何か意味あんのか?
なんかメリットあんのか?
と日々、やり場のない気持ちの扉を破りたくて、葛藤しています。
そう思うと、自分の存在が何なのかさえわからず震えだすわけですが、結局は僕が僕であるために、書き続けなきゃならないわけです。
正しいものが何なのか、それがこの胸にわかるまで。

ってなことで、今回のレコメンドは尾◯豊!

にしようと思ったのですが、間違いなく炎上しそうなのでやめときます。

なので無難にスウェーデン人のエレポップデュオを。
もう音楽的には何も新しいものとか無い、っていうか80年後半から90年初頭ぐらいなんじゃないってな感じのドリーミーなエレポップ。
もうニオイは完全にネオアコ・ギターポップな感じです。
セント・エティエンヌとかCandy Flipを思い出す感じ。

ってな事で僕、大好きです!これ。
たまんない。
前作のシングル「MAGIC」もたまんない!


JUGEMテーマ:音楽


Posted by miyata
Category : DJ Miyata RECOMMEND
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

Manners / Passion Pit

passion pit

レコメンドしたいものはいっぱいあるはずなのに。
何か書かなきゃ!って思った時に浮かんでこないのはなぜでしょう。
まあ、ダルいからなんでしょうけど。

一応、何か書かなきゃ!とは思ってるんですよ、思いつかないけど。
もう「と◯ぼ」でも書こうか、と思いましたが、ブログで炎上とかしたくないでやめときます。

そうそう、書こうと思ってたのありました、Passion Pit。
もう、だいぶ前に発売されたのですが。

何が良いって、このメンバーのルックス!
僕、2月にライブ行ったんですけど、前列左から、メガネ(ぽっちゃり)、ヒゲ(キタナイ)、メガネ(ガリ勉)、後列左から、メガネ(一番普通)、ヒゲ(テロリスト風)、ってなメンバー構成。
って、言葉だけでは伝わりにくい!
まあ、イカしたルックスだったわけですよ。

そういうのって、なんだか親しみわくじゃないですか。
ブレッド・アンダーソンとか「ケッ、このナルシスト」とか思ってしまいますからね。
その点、カーターUSMなんて最高ですよ。
リヴァース・クオモとか最初は良かったのですが、もうすっかりリア充となってしまったから…
もう、どんどん話しがズレてきましたけど。

そうそう、Passion PItね。
この人達の1stミニアルバムなんて「好きな女性に送った曲集」らしいです。
ああ、なんてステキな人達…
極めつけはPerfumeの大ファンだって!
このアルバムのレコーディング中、Perfumeばっかり聴いてたって!
ってそうそう、このアルバム、名盤です!
JUGEMテーマ:音楽


Posted by miyata
Category : DJ Miyata RECOMMEND
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

不自然なガール/ナチュラルに恋して / Perfume

JUGEMテーマ:音楽


Perfume

前作のワンルーム・ディスコから、なんと1年ぶりのシングルなのです。
しかも両A面なのです。
かつて、「Baby cruising Love / マカロニ」の時も両A面を謳ってましたが、あの時は正直言って、個人的には両B面って感じ(あくまで個人的意見です)。
だけど今回は間違いなく両A面!
心底そう思えるシングルが届きました!

CMタイアップ曲として、「ナチュラルに恋して」が先に公開されてました。
こちら、個人的には軽いポップソング、と言った印象。
BPMとか全然違うけどなんだか「Love The World」に近い印象。
音圧とかもそれほどではなく、BPMもかなり遅い。
それでもかったるさはなく、むしろ軽快な感じの曲に仕上がったてるのは、言葉数の多さのおかげでしょうか。

一方の「不自然なガール」と言うと、完全にこれはイメージどおりのPerfumeサウンド。
の、更に上をいく、バキバキのサウンド!
ていうかもはやこれは、capusleでは!と言ったサウンド。
これをPerfumeでやる必要あるのか?
と最初は思いましたが、いやはやいやはや、やはり中田さん。
絶妙のタイミングでこういうの提供してくれましたね。
もうこれ、capsuleでやっても面白くないし。
でもPerfumeでやれば刺激的、ほらステキ、な曲になるわけですね。
ポリリズムの時もそうでしたもんね。

てなことで、久々に大満足のシングル!
収録2曲あわせての満足感はポリリズム以来!
Posted by miyata
Category : DJ Miyata RECOMMEND
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

Uphill City / I am Robot and Proud

 I am robot

今さらなんですが。
前から買おう買おうと思って買ってなくて、昨日Amazonから届いたのですが。
めっちゃイイですね!コレ!

一音一音が心地よいです。
めっちゃキラーチューン!
とか無いのですが、全曲が心地いいので最高のBGMです。
もちろん根性入れても聴いてもいいのですが、部屋でのんびりと聴くには最高!

エレクトロニカ程ゆったりし過ぎてなくて。
クラブミュージック程気合い入ってなくて。
独特の暖かみとかわいらしさが入ってます。
特に革新的なこととかしてないんだけど。
心地よいメロディを心地よい音で奏でるとこんなにも気持ちいい。
Posted by miyata
Category : DJ Miyata RECOMMEND
1 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

Stay the Same / Autokraz

stay the same

久々になってしまいました。
 気合い入れすぎると次が書けないので、これからは気を抜いてちょこちょこと書いていこうかと思います。
新旧関係無しに。ジャンルも関係無しに。

kistuneの期待の星、Autokraz。
発売はだいぶ前なのですが。
この曲Stay the Same自体もヤバいぐらいカッコいいのですが、なんと言っても80kidzのリミックスですね。
原曲に勝るリミックスは無いようなこと聞きますけど、このリミックスは原曲を超えた1曲!
ヤバいぐらいカッコいい原曲の上を行く、ってどう表現したらいいのでしょうか?
ってまあそれぐらいカッコいいのです。
日本人スゴい!
Posted by miyata
Category : DJ Miyata RECOMMEND
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

バニラビーンズ / バニラビーンズ

バニビ
珍しく三日連続で書きます。
四字熟語にすると「珍三連書」。
って思いっきり敬愛する森野義貴さんのネタのパクリですが。

バニラビーンズです。
アイドルです。
って昨日のPerfumeといいアイドル好きな人かと思われそうですが、好きです!アイドル。
これももうちょっと今更、って発売いつだっけ?1月?2月?
でもこれも言及せずにはいられない素晴らしい音楽!なので言及。

最近ネオアコ・ギターポップ周辺の音楽をめっきり聴かなくなってしまった私ではありますが、というよりも魅力をあまり感じなくなってしまったのですが、ジャンル云々ではなく、優れた楽曲ならばやっぱりネオアコ・ギターポップ大好き!と思わせたのがこの一枚!
ていうかアイドルがこのクオリティ!スゴい。

ってなんかアイドルを馬鹿にしたような物言いで申し訳ありません。
でも本来アイドルって高いクオリティが備わってたんじゃないの。
昔のアイドルはみんなそうだったはず。
一流の作家が本気の楽曲を提供する。
それを可愛い女の子が歌う。
だからこそ楽曲らか素晴らしい空気が生まれたわけで。

本題です。
ネオアコ・ギターポップっていうか、これはスウェディッシュ・ポップ。
マルメで録音してきたって言われても信じちゃう音です。
しかも、しかも楽曲が素晴らしいのです。ホントに。
瑞々しさ満点の胸キュンソングあり、渋谷系リスペクトソングありの素晴らしさ。
「ニコラ」の胸を締め付けるような瑞々しさ。
「サカサカサーカス」は渋谷系を通った人は涙無しには聴けないリスペクトソング。
もう最高のクオリティですよ。よくぞここまで。

もうそろそろいいんじゃないかね、渋谷系リバイバル。
Posted by miyata
Category : DJ Miyata RECOMMEND
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

ワンルーム・ディスコ / Perfume

perfume
前日に引き続きこれも今更って感じ。発売3月だし。
しかももうPefumeをレコメンドって必要ないでしょ!ってのは十分承知ですけど。
でもやっぱり素晴らしい音楽については言及したいので!

いやー、ついに来ましたね。
こんなのを待っていました。
ポリリズム以降のシングル最高傑作ではないでしょうか。
そのへん個人の好みかもしれないけど。

この曲の良さは楽曲だけじゃない!(他の曲もそうですが)
PV、ダンス含めて全てツボにハマりました。
特にダンス。
ディスコということで、明らかにサタデー・ナイト・フィーバーのトラボルタのポーズ!
更に関連性とかわかんないけど、意図したのかわかんないけど、森高千里の振り付け!(確か「17歳」?)
つまりこういう引用に弱いんです。

で、これはお引っ越しの曲です。しかも名曲。
となるとこれは自然と思い起こしてしまう、キャンディーズの「微笑みがえし」!
まさに平成に蘇るキャンディーズではないですか!
などとそんな思いを巡らしていると本気で感動します。(若干ノイローゼ)

話しは逸れますが、このグループの素晴らしさってやはり他にはマネできない。
先日ネットのニュースで「Perfumeフォロワーが結果出せず解散」ってありました。
音楽だけマネてもこのPerfumeの魅力には到達できないでしょう。
だってPerfumeって音だけじゃないから。
人間の聴覚、視覚、そして感情へとさまざまな天才が訴えかけてくるから。
そして一番フォロワーが真似ている音だって桁違いのレベルです。
中田ヤスタカのポップソングを作る才能は間違いなく天才。
曲以前に歌を作る天才なので。
歌というものをしっかりと作れる時点でスゴいアドバンテージに違いないです。
JUGEMテーマ:音楽


Posted by miyata
Category : DJ Miyata RECOMMEND
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

TERRESTRIAL TONE CLUSTER / HANDSOMEBOY TECHNIQUE

handsomeboy

HANDSOMEBOY TECHNIQUEこと森野義貴の2ndアルバム。
なんともまあ大傑作アルバムが届けられました。
ってもう発売されたの2月ですけど。書くの遅すぎ。

膨大なソースを使ったサンプリングサウンドとか、壮大なウォール・オブ・サウンドとか、音楽誌などでは説明されてたけど、そんなのはどうでもいい。
いや、どうでもよくないけど。それってスゴい事だけど。
でも大切なのはもっと本質的な事だと思う。

このアルバムの本当の価値は、その圧倒的なまでの美しさ。
特に、アルバム後半の美しい展開は圧巻であり、感動せずにはいられません。
僕は近年これほどまでに美しいアルバムに出会った事はないです。
アルバムを通しての曲の構成もいい。
それがまた後半の美しさを一層際立たせている。

で、このアルバムiTunesに読み込ませると、ジャンルが「Electronica/Dance」。
ちょっと違う気がしますが、ていうかこの素晴らしい音楽をジャンルで縛って欲しくない。
本当にいい音楽はジャンルとか関係無しに感動できるし、ジャンル分けも無意味に思えてしまう。
このアルバムはそれだけの価値があるし、後世に残るべき音ですよ。
本人作のジャケも秀逸!
JUGEMテーマ:音楽


Posted by miyata
Category : DJ Miyata RECOMMEND
1 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

Perfume First Tour 『GAME』 / Perfume

GAME

今年の最後ぐらいは何か書いておこう。
ってなことで久々に書いときます。

いつものことならばPerfumeの「Dream Fighter」を書くんですが、インパクトではこっちのライブDVDの方が上でしたね。
もうね、ワタシ発売が楽しみで仕方なかったんですよ。
ツアーで2公演観てね。
そのうちの1公演は人生で最もあがったライブの一つだったし。

とにかくオープンニグ曲「GAME」は圧巻。
登場、衣装、照明、ダンス、ライトセーバー。
鳥肌ものの演出です。

前作ライブDVD「Bitter」は映像担当の関さんの能力の高さがわかる作品。
その編集能力により楽曲に一層の躍動感や疾走感が生まれてます。
そして、今作では振付師MIKIKO先生の凄さがわかる作品。
GAME、Take Me Take Me、シークレット・シークレット、セラミックガール、この4曲における振付け、演出は圧巻。
感動します。
そしてその振付けを時にクールに、時にキュートに演じる3人。

Perfumeの楽曲の高さは良く知られてること。
だけどコレを観なきゃホントの良さはわかりませんよ。
JUGEMテーマ:音楽


Posted by miyata
Category : DJ Miyata RECOMMEND
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

love the world / Perfume

JUGEMテーマ:音楽

perufme

もうこれ発売して2ヶ月以上たってるんだよね。
でもやっぱり書かないとなんかスッキリしないので書くよ。
つーかこれオリコン1位なんだよね。
俺がレコメンドするまでもないけど、でもやっぱり書くよ。

さて、アルバム「GAME」でついに大ブレイクしたPerfume。
その勢いで本シングルもオリコン1位。
もう驚かないよね。
まあやっと評価が追いついたんだと思います。
ホントに素晴らしいグループだもん。

さて,この「love the world」ですが、正直言うと、あーちゃんがテレビで言ってるとおりインパクトの薄い曲ですよね。
これなら「GAME」から「セラミック・ガール」、「シークレット・シークレット」あたりをシングルカットした方がいいんじゃないかとも思ってしまいます。
でもこの曲で1位とれるんだから、人気は本物ですよねえ。

まあインパクト薄いとは書きましたが、良曲には違いないですよ。
「Baby cruising Love」がスルメ曲と言われてますが、個人的には「love the world」の方がスルメです。
それと曲調、衣装、ジャケといい洗練されてきた感がありますね。
そして今回はボーカルの配置が絶妙。
中田ヤスタカは今までも3人の声の違いを意識して作ってきましたが、ボーカルの配置が今回は秀逸。
変化球的な要素の声質を持つかしゆかを、ソロでサビにもってくるとはやられました。

つーかこれ書いてる時点でとっくに次のシングルが発表されてるんですよね。
次のシングルも間違いなく売れることでしょう。
人気はいつか落ちるもの、また作品もいつかは飽きられるもの。
でもこの幸福な作品を少しでも長く届けて欲しいものです。
Posted by miyata
Category : DJ Miyata RECOMMEND
1 Comments / 0 Trackbacks / Permalink
| 1/7PAGES | >>
Categories
Liveほか
--- Live Info -------
studio*pandarine

[ZODIAC FESTIVAL]
@観音山キャンプパーク・ジョイナス
05.20(sun)


-------------------------------
[チャリティーバザールvol.1]
@Lounge Port
05.27(sun)
14:00-
-------------------------------
パンダ試聴↓
【Myspace】
【Youtube】

--- Event Info -----
[Manic★Groove vol.4]
@JHK
10.30(sat)
21:00 Start
*DJs*
--Miyata
--Totti
--Hitoshi
--Haime
--NECO
--IQ4

-------------------------------
--- Radio Program -----
Manic★Tunes
毎週土曜日
PM10:00〜11:00
76.5MHz FM OZE
[セットリスト]
********************
Archive
Search
RANKING
人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ 人気BlogRanking